事例

導入パターン

事例1:エクセルによる管理からシステム化に移行。

今まではエクセルによる管理をしていましたが
工場の新設がありシステム化を検討する事になりました。
採用の決定理由は、サーバーを追加したくないという事と
工場は24時間稼動のため
複雑な勤務体系に対応できる必要があったためです。
さらに、土・日・祝が休日ではなく、個人で休日を決めるため
スケジュール入力が容易である必要もありました。

その後の様子
当初は1工場のみの稼動でしたが、子会社の工場も含め全ての工場に導入しました!
業種 製造 従業員数 500名
拠点数 工場 7ヶ所、営業所 3ヶ所 打刻方法 e-clocking

事例2:集計作業の手間が一気に解決。

これまでは多拠点のタイムカードの集計に手間が
かかってしまっていたため、今回導入を検討いたしました。
採用の決定理由は事業単位で従業員の勤怠管理をしつつ
本部でも日々の勤怠状況が確認できることです。

その後の様子
拠点ごとに勤怠データを確定し、本部で集中管理できるため給与計算がスムーズになりました!
業種 製造 従業員数 800名
拠点数 6ヶ所 打刻方法 e-clocking+タイムレコーダー

事例3:安心・安全

導入以前はセキュリティが心配で社員のデータを社外に持ち
出すことに抵抗がありました。
ですが、震災以降自社でデータ管理することに不安を感じ
導入を検討しました。
万が一に備えてバックアップデータセンターがありますし、昔から使って
いるタイムレコーダーのアマノさんのグループ会社なので安心
して利用しています。

その後の様子
セキュリティの高さと80年のアマノ実績で決めました。
業種 公共 従業員数 1,000名
拠点数 20ヶ所 打刻方法 v-clocking+タイムレコーダー

事例4:クラウドサービスの商品で環境構築コストを抑える。

今まではエクセルによる管理をしていましたが
従業員数が増えるためシステム化を検討しました。
採用の決定理由は、本部と各店舗の間に社内の
ネットワークがなく、クラウドサービスのCYBER XEEDであれば
環境構築コストを抑えることができるためです。

その後の様子
勤怠データが締日直後には確定できるようになりました。
業種 小売 従業員数 70名
拠点数 12ヶ所 打刻方法 e-clocking+s-clocking

事例5:決め手は短納期でも対応できるサポート力と技術力。

2010年4月、労基法改正に対応するため
手作業では困難なのでシステム化を検討しました。
採用の決定理由は、シンクライアント環境が
整備済みだったので、クラウドサービスを利用する基盤が整っていたためと
発注から2ヶ月という短納期でも対応できるサポート力
技術力に魅力と安心を感じました。

その後の様子
本稼動後も、問題なく運用しています!

事例6:機能とコストについて他社との比較検討の結果一番であると判断。

職員数が増え、勤怠のシステム化と給与の
アウトソーシングを検討していました。
採用の決定理由は、他社との機能の比較を行い
勤怠と給与を一括で処理できるベンダーも比較した結果
コストを含め、一番であると判断しました。
アマノブランドのシステムの信頼性及び
企業の存続性もポイントでした。
弊社では食事を作る従業員は2度出勤があり
当社システムで標準対応ができました。

その後の様子
本稼動後も、問題なく運用しています!4月の労基法改正において時間外60時間超えの集計を追加しました。
業種 公共 従業員数 250名
拠点数 4ヶ所 打刻方法 タイムレコーダー (4台)