就業・勤怠管理

CYBER XEED就業 ワークライフバランス

仕事と生活の調和を大切に

平成22年4月1日から労働基準法の一部法改正が施行されました。

Point1 割増率の協定(特別条項付の36協定) Point2 法定割増賃金率引き上げ(特別割増) Point3 法定割増賃金を有給の休暇に代える休暇(代替休暇)Point4 年次有給休暇の時間数取得

法改正の目的は賃金のUPではなく長時間労働の抑制による「労働者の健康確保」です!

育児・介護休業法の一部改正

適正な労働時間管理

1

始業・終業時刻の確認及び記録

使用者は、労働時間を適正に管理するため、労働者の労働日ごとの始業・終業時刻を確認し、これを記録すること。

時間数ではなく、時刻による管理。

2

始業・終業時刻の確認及び記録の原則的な方法

使用者が始業・終業時刻を確認し、記録する方法としては、原則として次のいずれかの方法によること。

(1)使用者が、自ら現認することにより確認し、記録すること。
(2)タイムカード、ICカード等の客観的な記録を基礎として確認し、記録すること。

客観的な記録を残す。

3

労働時間の記録に関する書類は3年の保存が必要

CYBER XEEDならタイムスタンプ付きのPDFデータを出力。存在証明、非改ざん証明を記録。

打刻データの記録。一覧性、不正改ざん対応。

打刻したデータは電子的に収集し個人毎にデータ格納されます。修正箇所は色が変わり、実打刻データは必ず残しますので不正な改ざんを防止することが可能です。

労働時間の差異分析が容易に。

日々の出退勤打刻から、申請・承認された残業時間と実際の労働時間との差異を算出。サービス残業の傾向を洗い出すことが可能。

従業員の深夜残業時間の把握。

残業手当のない管理職も残業時間や深夜労働のチェックは必要。管理監督者であっても深夜時間帯の労働には割増賃金が必要。社員の残業時間をリストにして確認が可能です。

超過時間勤務者チェック。

勤務情報は日々更新されているため途中経過で異常値を抽出することにより是正することも可能です。

  • CYBER XEED
  • 資料請求・お問合せ